PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当て布を変えてみた。

<今日の練習>

音階練習:アルペジオで8種を反復練習、肘位置を注意しつつ。
教本:グノーアヴェマリア、エアバリエ
ドッペル:弾けない箇所をゆっくりと音程確認しつつ、FとF#を間違えやすいのでその辺も注意。
ボーイング練習:開放弦
ヴィブラート練習:2の指、4の指

2.png

以前は顎当て部分に引っ掛けるものを自作した当て布を使ってたんですが、何故かズレるのでハンドタオルを当てて練習してましたが、コレもまた厚みがありすぎてヴィブラート練習をしようとするとヴァイオリンが外れそうになりまして。

結局薄手のハンカチを挟む事にしました。
若干大きめのものを4つ折に畳むと、丁度良い感じに金具も当たらなくて良い感じです♪

↓以前使ってたもの。
DVC00019_20100606223427.jpg

これはコレで便利かなーと思ったんですけど、もうちょっと幅があった方が良かったのかも。


でもって、悩み中のヴィブラート。
「分からーん!出来ないー!」とかなってても仕方ないので、やりまくってみよう!って事でそればっかり練習した。
とりあえずは、左手の親指側の力を抜く。
先日体験で行った時に先生に言われたのが、始める前の親指柔軟体操をやるといいですよって事だったので、それをやってみた。
グルグルとネック脇でまわすらしい。

あとは指の形の確認。
音程をとる際、くっつく指を無意識に判断して置けるように、色々と反復して練習。
後ろに引っ張られる感じを意識してみる。


上記をやってみるも、掛かってるとは言えないものしか出来なかった(汗
指の柔軟性がまだ足りてないみたいです。
上手い人がかけるヴィブラートの様にはならないですし、あんなに早く指先だけ動かない。

観たままを自分の動作に出来る才能があったらいいのに(笑)
スポンサーサイト

| 練習 | 17:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。