PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レッスン51回目 課題山盛り

ダメだ…頭の中を一旦整理してまっさらにしたい(汗

レッスンに行ってきました~♪
朝、大寝坊しちゃいまして30分ほど遅れて到着しました。
(ツイッターにも呟いたんですが、志○けんを育てる夢を見まして、彼はカメラマンを目指して結局なれませんでした~という夢でした)
夢見が何故か楽しかったせいか、起きる事が出来ない・・・なんてことあるんですね(笑)

きっと私寝ながら笑ってたと思うw


でもってレッスン!

音叉を買ったんですよ~♪って報告してみました!

「でも変なんですよ、音が良く聞こえないしすぐ止まります」
って言ったら音を聞く場所が間違っていたようです(汗



私が音叉の音を聞いていた場所は赤い○の部分。
先生が教えてくれたのは、緑の丸の部分。

え!?!?そうだったの!?!?ってなりました(汗
実際に目で見ないと分からない部分ってありますね(汗

ずーっと赤い○部分付近を耳や駒や頭にやってました。
でもすぐに音が止まるので、なんだこれ?と思ったら使い方が間違っていたようです…(><;


<新しいバイオリン教本3>
ザイツのコンチェルトNo5(この題名何度書いたことだろう?)
第3楽章です。

通して弾いて、音がmeno何とかの所はいいのに、他が弦に乗ってないとご指摘。
ふむふむ・・・と思い、練習では全部フォルテで弾いてみた。

ベタ!!っと重音の所は弾く。
分かってるのにちゃんと2弦にいい感じに乗りません。
そして速過ぎる。
落ち着け!自分!!って思いつつも何故か走ったりしてかすれる(16分音符のピアノ部分も同様)

色々と弓の使う位置、左肘が固定されているので動かす、A線で手が開く開放弦で手のひらが逃げる。

今回から、音程やテンポや曲以外の部分である、肘、指、指の形、弦に弓が吸い付いているか?の細かいチェックが入った。
厳しいのは嬉しいけど、正直いっぱいいっぱいで出来る様になるのか不安でたまらない(汗

次回までの宿題はザイツのコンチェルトNo5全楽章。
ひぃぃぃ・・・・・!!
第1楽章もちょいと苦手。
というかもう2楽章なんてやらなくていいのか~!と既に練習してない。

ヤバイ・・・本当にヤバイ(汗

今週~来週にかけてはカラオケボックスも混雑している上、フリータイムやってないので自宅練習のみの予定。
はたして来週までに改善されるのかなーと思いつつもやるしかない!
というか、練習は好きだから大丈夫だろうとどっかで気楽に考えても居る。

<カイザー>
4番の後半と5番を少々。

宿題として4番を全部、5番を1/3をテンポ120にて。
5番を暗譜すること。
4番の指のバタつき禁止。
押さえられる指は全て押さえておく。

と・・・まぁ、大分カイザーだけでも濃い宿題ですね(汗
カイザーも頑張らねば!!

<音階教本>
フラット5つのやつ。
相変わらずアルペジオが苦手。

アルペジオ自体は好きなんだけど、指が追いつかないのと1本で押さえようとする悪い癖があるので、それを必ず1本ではなく押さえておける指は一緒に押さえて待機させる事。

次回はフラット6つの明るい感じの音階。


なんというか、ザイツだけじゃなくてカイザーも濃い内容になってきました。
でも、共通して直していかなければいけない部分は同じだと思うので、指と肘とボーイングを練習で気をつけて行きたいと思います。

というか、今日は先生の指の動きをガン見してたんですが、なんか軽やか~~♪な動きで自分と全然違います。
私は現状で言うと、左指に相当な力が入ってます。
弾いてて分かる程です。
なのに、力が抜けません。
ゆっくりの曲なら大丈夫なんですけど、ザイツ(特に重音部分)は力が入りすぎます。

なんでそんなに力が入るのか分かりません。


▼とりあえず、弾けてないけどザイツの第3楽章を録画したので張ってみます。



相変わらず弾けてないのと、隣の部屋の演歌とかうるさいのとか、色々と間違えているのは現在の時点では仕様です。
でも仕様とかいいつつ直す気は満々です!
気持ちだけはやる気凄いんですけどね(汗
実力が伴わないとか、悔しいので頑張りますよ~!!
スポンサーサイト

| レッスン | 23:54 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

頑張っていらっしゃいますね。

録音、聞かせていただきましたが、やっぱりまだあせっていらっしゃるようで、ちょっとつんのめった感じに聞こえました。

また、重音のところ。ここやっていたときに師匠から「この部分、つんのめったり弾きなおしたりせずに弾けるようにならないと意味ないです。そうならない速さで確実に弾くように」と言われたのを思い出しました。

ついつい16分音符が続くとあせってしまいがちですが、むしろゆっくり確実に弾いてくのが近道かもしれませんね。

でもいつもありょうさんの録音を聴いていて思うのですが、本当にスタッカートがきれいに切れていてうらやましいです。この曲の冒頭のフレーズ、スタッカートの切れが悪くって「重い!」などといわれてさんざんやったことを思い出しました。

音叉は・・・ちゃんと使うと響きも判りやすいですよね?あの丸く玉になっている部分を耳に当てたり駒に当てたりするんです。すぐに慣れると思いますよ。

| credenza | 2010/08/05 00:39 | URL | ≫ EDIT

30cmくらいの巨大音叉があると思っていた、という先日の記述に爆笑して、今朝も立ち直れないほどに、爆笑してしまいましたよ
そんなん、ひざにコツンしたらお皿が砕けるぅ\(◎o◎)/!
そして今朝はフォークをこめかみに突き刺す姿想像して(゚Д゚;)
なまじっか、ありょうさんの姿を見知ってるだけに、いやん、もぉ、たまらないわっ!
楽しくさせてもらいました
暑いけど・・・今日も頑張れそう・・・

| いねむりチワワ | 2010/08/05 08:07 | URL |

重音

こんにちは。
1.重音については「2本の弦を同時に弾く」と意識すると上手くできない時があります。そんな時には「実は、A線とE線の間にもう1本弦があって、それを弾くのだ」とイメージしてやってみてください。弓は単音を弾くのが本来の機能ですので、その方が右手が反応し易くなることがあります。
2.右利きの人の場合、左手のコントロール能力が低いと、「力を入れる、力を抜く」の二段階しかないことが良くあります。この状態では力が入った状態しか選択肢がありません。
先生の手の動きが自在に見えるのは、強弱が5段階ぐらいあり、必要にして充分な力が入っている状態を維持できるからだと思います。

| ひらりん | 2010/08/05 15:57 | URL |

Re: タイトルなし

credenzaさん>

こんばんは!

> 頑張っていらっしゃいますね。
> 録音、聞かせていただきましたが、やっぱりまだあせっていらっしゃるようで、ちょっとつんのめった感じに聞こえました。

聴いて下さって有難う御座います!
そうなんですよね(汗
焦って弾いてはいけないと思いつつも、実際にその部分になるとドキドキが止まらず
結果焦ってしまうみたいです(汗

> また、重音のところ。ここやっていたときに師匠から「この部分、つんのめったり弾きなおしたりせずに弾けるようにならないと意味ないです。そうならない速さで確実に弾くように」と言われたのを思い出しました。
> ついつい16分音符が続くとあせってしまいがちですが、むしろゆっくり確実に弾いてくのが近道かもしれませんね。

重音部分は昨日のレッスンで、弾き方の直しが入って現在練習中なのですが
重音の練習って難しいです。
指をつけてないつもりでも、角度によっては変な音が鳴ったり(涙
1週間あることですし、じっくり出来たらなーと思います!

> でもいつもありょうさんの録音を聴いていて思うのですが、本当にスタッカートがきれいに切れていてうらやましいです。この曲の冒頭のフレーズ、スタッカートの切れが悪くって「重い!」などといわれてさんざんやったことを思い出しました。

ありがとうございます!
スタッカートは特に意識した事がありません。
あ、点が付いてる、切らないと…って位だから逆にいいのかもしれませんね。
変な緊張をしないというか…(笑)

> 音叉は・・・ちゃんと使うと響きも判りやすいですよね?あの丸く玉になっている部分を耳に当てたり駒に当てたりするんです。すぐに慣れると思いますよ。

ちゃんとした使い方をしたら、とっても音が分かりやすかったです♪
そうあの丸い部分を使うとは思わず、フォークの方を一生懸命当ててました(笑)
ようやく正しい使い方が分かって、音が継続して鳴ってくれましたよ~(^^;

| ありょう | 2010/08/05 22:40 | URL |

Re: タイトルなし

いねむりチワワさん>

こんばんは!

> 30cmくらいの巨大音叉があると思っていた、という先日の記述に爆笑して、今朝も立ち直れないほどに、爆笑してしまいましたよ
> そんなん、ひざにコツンしたらお皿が砕けるぅ\(◎o◎)/!
> そして今朝はフォークをこめかみに突き刺す姿想像して(゚Д゚;)
> なまじっか、ありょうさんの姿を見知ってるだけに、いやん、もぉ、たまらないわっ!
> 楽しくさせてもらいました
> 暑いけど・・・今日も頑張れそう・・・

なんだか喜んで頂けたようで光栄です(笑)
なんかどっかで30cm位の音叉を見たことがあるような気がしたんですよ~(汗
棒みたいなので叩いて使うような映像だったように思います。

でもってフォークの方を耳に近づけたのは、フォーク部分で音が鳴っていると思ったんですね(汗
なのであの丸い部分は持ちやすいように丸くなってて、完全に取っ手として認識してました(汗

目からうろこでしたよ~♪

音楽用の小物って面白いものがおおいですね(笑)

| ありょう | 2010/08/05 23:14 | URL |

Re: 重音

ひらりんさん>

こんばんは!

> 1.重音については「2本の弦を同時に弾く」と意識すると上手くできない時があります。そんな時には「実は、A線とE線の間にもう1本弦があって、それを弾くのだ」とイメージしてやってみてください。弓は単音を弾くのが本来の機能ですので、その方が右手が反応し易くなることがあります。

ふむふむ。意識的な感じですね!
ちょっと試してみたいと思います♪

> 2.右利きの人の場合、左手のコントロール能力が低いと、「力を入れる、力を抜く」の二段階しかないことが良くあります。この状態では力が入った状態しか選択肢がありません。
> 先生の手の動きが自在に見えるのは、強弱が5段階ぐらいあり、必要にして充分な力が入っている状態を維持できるからだと思います。

思いっきり右利きで左手のコントロール能力ないです(汗
まさしくその通りだと思います。
ひええー!先生の強弱の段階ってそんなにあるんですか!!
凄いですね・・・(汗
さすが先生とかなると違うんだなーと思いつつ、無理な話ですが…
どういう構造になってるのか体感してみたいものです。

| ありょう | 2010/08/05 23:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。