PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

言い回しが変だな

音階のオンパレードっつー題名にしたけどしっくり来なかった(笑)


さて、練習する時間が取れませんよーー!(汗

あー…何故、家に帰って一段落するともう真夜中なんでしょうね・・・・

ここ数日、音階とボーイングしかやってません。
宿題とか何のこと?ともうそんな感じです。

そういえば、ここ数週間松脂を塗ってない事を思い出しました。
塗らなくても音でるじゃーん♪
なんて思ってたら、今日はカスカスな音でした(汗

なんていうんでしょうかね・・・・
松脂付いてない弓みたいな弦の上をサーーっと行っちゃってる感じというか。
引っかからないというか。

たまには塗らないとダメですね~

毎回塗るものなのかもしれないんですが、ついつい塗りすぎるんで毎回塗らないようにしてます。
(毎回塗ってフォルテで練習すると、粉が舞うんですよね・・・くしゃみ止まらんし)

適量が未だ分かりません(笑)

そういえば、松脂の種類変えてみたりしたけど、違いが全然分かりませんでした。
強いて言うなら、アレルギーは出なくなったかなーと。

肩当ても変えてみたけど音の違いなんて分かりませんねー
前よりは乗せた感じとか、しっくりきますけど♪

感覚が鈍いんでしょうかね(爆



単純な疑問。
何故、ヴァイオリンは簡単に弾けない楽器なんですかね?
何故何年も練習をたくさんしないと弾けないんでしょう?

弾ける段階に立つのが遙か山頂の様な気がします。
スポンサーサイト

| 日常 | 01:45 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私も松脂の適量がわかりません…
毎回塗っていたのですが、楽器に積もるんです(-_-;)
先生によっては1週間に1回でいいらしいので、最近はそのくらいの頻度で塗っています。
ちなみに毎回塗っているのと、1週間に1度の違いはよくわかりません(>_<)

| リアム | 2010/03/01 22:22 | URL |

松脂の適量

こんばんは。
ご無沙汰しております。

松脂の塗り方ですが、私の場合は、
毎日、かる~くひとこすりするだけにしています。
軽めに、一回だけ付けるのです(決して往復してはいけない)。

そして、練習が終わったら、必ず楽器と弓を布で拭きます。
そうしないと、松脂がこびりついて取れなくなり、音が悪くなってしまうので。

弾ける段階に立つのがはるか山頂、というのはその通りだと思います。
というか、レイトスターターの場合、山頂ははるか遠くどころか、雲の上で見えない上に、登っても登ってもその雲の上には出られず、近づいていることだけはなんとなく分かるんだけども、一向に山頂に着く気配はない、といった感じです。

それでも、弾かずにはいられない…
それが人生。

| ばっかバッハ | 2010/03/01 23:45 | URL |

Re: タイトルなし

リアムさん>

こんばんは!

> 私も松脂の適量がわかりません…
> 毎回塗っていたのですが、楽器に積もるんです(-_-;)

分からないですよね~(汗
確かに楽器が白くなったりする時もあります。
まめに拭かないとですよね(汗

> 先生によっては1週間に1回でいいらしいので、最近はそのくらいの頻度で塗っています。
> ちなみに毎回塗っているのと、1週間に1度の違いはよくわかりません(>_<)

ほーー!
一週間に1回でもいい感じなんですね~♪

かという私もその違いが良く分かりません・・・(汗

| ありょう | 2010/03/02 00:45 | URL |

Re: 松脂の適量

ばっかバッハさん>

こんばんは!

> 松脂の塗り方ですが、私の場合は、
> 毎日、かる~くひとこすりするだけにしています。
> 軽めに、一回だけ付けるのです(決して往復してはいけない)。

ほうほう!
かる~くですかっ!?
……私、往復でつけてましたよ(笑)

> そして、練習が終わったら、必ず楽器と弓を布で拭きます。
> そうしないと、松脂がこびりついて取れなくなり、音が悪くなってしまうので。

そういえば、最近両方拭いてません。
顎当てとかはファンデーション付いちゃうので拭くんですが、気が付いた時にしか
楽器とか拭いてなかったですよ(汗
弓にいたっては3回くらいしか拭いた事ないです。
ダメなんですねぇ・・・知りませんでした(汗

> 弾ける段階に立つのがはるか山頂、というのはその通りだと思います。
> というか、レイトスターターの場合、山頂ははるか遠くどころか、雲の上で見えない上に、登っても登ってもその雲の上には出られず、近づいていることだけはなんとなく分かるんだけども、一向に山頂に着く気配はない、といった感じです。

なんか地獄に落ちて蜘蛛の糸で天国に上がるという感じの、気の遠くなる距離な気がします。
山頂なんて全然見えないですよ~

寧ろ、宇宙の果てがあるとしたらそこがヴァイオリンが弾けるという世界なんじゃないかと思います。
今自分は地上に寝転がってるような状況ですが(笑)

> それでも、弾かずにはいられない…
> それが人生。

確かに弾かずには居られないんですよね~
下手であろうと先が見えなかろうと、弾ける様にならないにしても練習しちゃうんですよね。
恐ろしい中毒性のある楽器ですよね(爆

| ありょう | 2010/03/02 00:50 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT