PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の悪い所は分かってる

なのに、こう・・・すぐに直らないのは何故だろう(笑)

例えばボーイング。
曲がっているのも分かっていて、こうすれば直るとかいうのも分かっているのに、曲の練習をすると出来なくなる。
多分もっとテンポを落として気をつければ大丈夫だろうと思う。
弓が倒れてるのが嫌。
気にして直してるのに、曲の練習だと直ってないとか涙目ですよ(汗
手首とかも気をつけてやりたいんですが、余裕が無いんですねきっと。

ただ、これに左手の親指の矯正とか音程とか入ると、更になにも出来ない状態になります。

一個一個を分解して練習していくのが早い気がするので、あとでちょっとだけ左手練習したいなと思います。
(って、いつも睡魔に負ける)

1週間が経つのが早くて困っちゃいます(汗
レッスンまでに宿題分とかが全然こなせません。

あまりに弾けないので、仕事帰りの練習を始めました。
カラオケ屋まで行く元気が無い(駅から遠い)のでピアノレッスン室を借りまして練習してみました。




通して弾いてみました。

つーても、間違えてたり音程とか持ち方とかボーイングとか、全部が全部ヒドイ事になってます。
色々と気にしてやると他がダメになるという典型的な感じですね。

スローテンポで練習したので、テンポ上げてみたらやっぱりまだもうちょっと落とした方がいいみたいです。

なんにせよ、難しいもんですよーー(汗

真っ赤だな~!とフォルテで歌ってみようかな(笑)
スポンサーサイト

| 練習動画 | 00:15 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

優しい弾き方ですね~(汗
ボーイング練習でのこういう練習はいかがでしょうか?
ご存知の通り、そもそも真っ直ぐ弾くのは「いい音」で弾くためじゃないですか
もちろん曲の表情では真っ直ぐにしない場合もありますけど、とにかく充実した「ヴァイオリンの音」にするために真っ直ぐな練習するわけですけど
逆に考えると、「いい音」じゃないと真っ直ぐじゃないってことです

ということで、ボーイング練習のときの「音」にもこだわってみましょう☆
響きが感じやすいD線の開放を使って4拍のロングトーンをします
最初は鏡見ながらでもいいので真っ直ぐにして、それから音を聞いてみてください
ポイントは(これ重要!!)レガートで、べったりねっとり弾くんです(スピードを一定に…これが結構難しいんですけどね)
弓を反すときも、弓が浮かないようにべったり弾くのです!(理想は繋がっているように聞こえることでしが、これは死ぬほど難しいので…汗)
とにかく浮かないように反す
すると、きっと綺麗な音が出てくるはずです♪

その綺麗な音を持続させるんです
おそらく途中で雑音が入ったりすると思うのですが、それは弓が曲がった瞬間です

曲でもおそらく、スタッカート、音程、自分の癖に意識が持っていかれて
弓が曲がってしまうんでしょう

私はまずスタッカート以外の音にこだわって欲しいなと思います♪
そうすると自然とテンポも落ちて、もっと落ち着いたガボットになると思いますよ~☆
自分の「いい音」を知ってしまうと、その音で弾けないことがストレスになっていきます
そうなったらこっちのものです(笑

慣れてくれば「音」だけで弓が曲がっているか真っ直ぐかが分かってしまいます
そうなるまで「いい音」でのボーイング練習を続けるといいことがありますよ♪

| ノリコ | 2010/02/13 02:33 | URL |

弾けてない?

それはやっぱりボーイングのせいかなぁ?
ノリコさんと同じです(^^ゞ
べったり、ねっとり、これなんですよね
ミュートつけてるから、大きな音だせないから、というのはぜんぜん練習と関係ないと思いますよ
気持ち的に欲求不満になるだけで(爆)
音程とか、左手の形とかは弓を引かなくても練習できるんですよ
右手使わないでやるんです
特に手の形、運指は、弓を使うと音程とか気になるから弓は使わないで練習します
左手はいつも同じ手の形で準備できないとビブラートやポジション移動ができないですから
音を作るのは弓です
表情を作るのも大半の仕事を弓がご担当です
今回の動画はいつもと視点が違いますね(笑)
それで、ありょうさんの弦がぜんぜん震えていないのがわかりました
バイオリンの弦って、音を出すときに激しく震えるもんなんですよ~
ノリコさんが「優しい弾き方」って感じたのはそういうところからかもです
いちばんの重要課題は弓!ですね^^
まだ習いはじめて1年もたってないんだもん
早く曲が弾けるようになりたいでしょうけど、ゆっくりでもいいではないですか
ひとつずつ、地道な練習を続けていきましょう(^^♪
曲弾かないとつまらないだろうけど・・・


| いねむりチワワ | 2010/02/13 16:52 | URL |

Re: タイトルなし

ノリコさん>

こんばんは!

> 優しい弾き方ですね~(汗

今回は弾き方は頭に入ってないんですよ~(汗
というか左手のみにしか気をつけてないので、弾いてて「?」とか「あれ?」って
感じでした。
仕事帰りなものあるんだろうと思いますが、自分でもなんか変だなーと思いつつ
ダラっと練習した感じです。

まぁ要はヴァイオリン練習というものをしていたかっただけなんですが(笑)


でもって、ボーイング。

そうなんですよね~…
なんとなく分かっているものの出来なくて、時間が無いのでついつい宿題を気に掛けてしまいます。
音は今はまだいいという感じの(先生の)判断なので他の部分で注意を受けます。
なので、どうしても先生に注意された部分を直さないと!という風になりまして(汗

どうやったら効率よくやれるものなのでしょうね・・・(汗

もちろん、いい音とかにもこだわりたいんですが、正直そこを練習する時間が取れません。
短時間でいい音出せる、そんなコツというか秘法みたいなものを知りたいです(爆

実際には地道な練習が一番いいのも分かるんですが、平行してやっていくしかないんでしょうね~(汗

色々とありがとうございます。
ちょっと色々と試してみますね!
1日ちょっとでも気にしてやってみたいと思います!

まずは、真っ直ぐですよね~(^^;

| ありょう | 2010/02/13 23:00 | URL |

Re: 弾けてない?

いねむりチワワさん>

こんばんは!

> それはやっぱりボーイングのせいかなぁ?

ですよね~…(汗
頭で分かってるだけじゃダメですね~

> 音程とか、左手の形とかは弓を引かなくても練習できるんですよ

じゃあ夜中で暇な時にでも、やってみようかなと思います~
指を暖めないとダメですよね。
なんだか寒いと指が固まりますねーー(汗

> 今回の動画はいつもと視点が違いますね(笑)

ピアノの上に置いたので、どうなってるか分からない部分ありますね(汗

正直、何をやってたか分からない部分があります。
この動画の時は、とりあえずヴァイオリンに触って弾ければいいやと思って
左手の親指位置だけに注意してたので、他は全く意識してません。

意識しないでも出来るというレベルじゃないので、これが今の自分って事でいいかなーと。

地道に練習して行きたいと思うので、色々と参考にさせて頂きますね!
ありがとうございました~♪

| ありょう | 2010/02/13 23:16 | URL |

いねむりチワワさん>


あ、因みに私の目下の課題はボーイングではなくて、腕立て伏せですよ(笑)

| ありょう | 2010/02/13 23:33 | URL |

ビブラート

こんにちは。
最後のビブラートはきれいに掛かっていると思います。

| ひらりん | 2010/02/22 15:17 | URL |

Re: ビブラート

ひらりんさん>

こんばんは~!

> 最後のビブラートはきれいに掛かっていると思います。

ありがとうございます!
でも途中で切れちゃってます(笑)
そして、見直してみるともっとちゃんと丁寧に弾いたほうがいいのになとか思いました。
後から見直す事とかもいい練習なのかもしれませんね~(汗

| ありょう | 2010/02/23 00:59 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。