PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正しい指の形ってなんだろう?

昨日からヴィブラートだけではなく、普通にノンヴィブラートでも指の置き方について悩んでます。
どうやるのが正しいのか。

先生に聞くタイミングを逃してしまい2週間空いてしまいそうなので、さて困ったなと(汗
先生のをコッソリみた感じだと、指はすべて指板に付いていそうな気もしたのですがそう見えるだけで、実際付いていないのかな???とよく分からなくなりました(汗

普段、私が練習している時は人差し指も(他の指は意識していないので良く分かりませんが)指板にべったり付いてます。

DVC00036.jpg

最初からこういう形なので、この方が安定してるというか、音程が取りやすいです。
多分でもガッシリと押さえすぎな気がします。

でもこの形だと、ヴィブラートが掛けにくいしなによりも変ロとか変ホとかキツイように思います。
指が下がりきらないと言うか・・・・
その辺は慣れなのかもしれませんが、ひょっとして指の形が間違っているのかな?と思いまして(爆

で、隙間を空けてみたらヴィブラート掛けやすい感じでしたが、音程がつかめません。


DVC00034.jpg


以前もずっと人差し指の付け根をネックにつけるかつけないかで悩んでましたが、ここに来て再度悩む事になるとは!

あの時に直しておけば、今楽だったかもしれませんねぇ・・・・(汗
でも、隙間を空けているとネックを持っていられないのでヴァイオリンが落ちそうで怖いなーとか思います。
(あんまり顎とかでガッシリはさんでません。金属が痛いのと、基礎レッスンの先生に言われたので…)

プロの方の演奏とかをこの角度で見たいんですが、どの動画とかでもこの角度からの撮影というのが無くて(笑)
当然と言えば当然なんですけど、この角度がみたい!!と。
モニターの脇についつい顔を持っていきたくなるんですが、そんな事しても見えない訳でして(爆

ちょっと色々と試行錯誤しつつ動画でも探してみようかと思います!

  にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ  ←ポチっと応援して下さると嬉しいです♪
スポンサーサイト

| 練習 | 23:40 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

NoTitle

私もノンビブラートのときはべったりくっついていますよ~
ビブラートかけるときだけ薄っすら隙間を空けます

プロは基本的にくっついていません(ビブラートかけるし)
ネックに指つけなくても音程が安定しているから、問題ないですけど
私たちは…つけないと安定しませんしね(汗

私は最初の頃トレーナーに「今のうちはくっ付けていていいよ」と言われたのでくっ付けて練習していましたよ

あ…ちなみに、ビブラートで隙間を空けても、押さえている指以外の指は弦の上にいなくてはいけません(写真の都合で、離しているのだと思いますが一応)

| ノリコ | 2009/12/09 23:54 | URL |

NoTitle

ビブラートをかけないとき、次の音符を押さえる準備のため、他の指も指板の上にいます
ビブラートをかけるときは1本の指だけ指板の上にいます
そのとき指は寝かせてはいけません
第一関節が立った状態から指板に対して右に5度?くらいの角度で指が寝たり起きたりして(手首の運動で)ビブラートがかかります
私は手首が動かないので肘のビブラートですが、指は同じです
人差し指の付け根、その他はネックに触っていてはいけません(ブレーキがかかってしまします)
これでいいのかどうかわからないけど、こんな感じでやってます^^
先生の動きはコッソリではなく、ガン見しませうね!

| S.L.P.Chihuazart | 2009/12/10 07:15 | URL |

NoTitle

わたしはよくこのサイトを参考にしてます。

ありょうさんがこれ以上うまくなったら追いつけなくなってしまうけど、教えちゃいます(>w<)
http://www.violinwakaru.com/artcl/20/21_00101.html

| どぶらん | 2009/12/10 11:03 | URL |

NoTitle

指の押さえ方で迷ったら、肩当てを外し、楽器を顎で押さえることもせず、ネックを親指に乗せるだけで支える形で構えてみてはいかがでしょう(人差し指では挟まない)。さて、この状態でどうやって指を押さえましょうか。無駄な力が入ると楽器を支えられなくなることが分かると思います。夜中に音を出せないけれども楽器に触りたくなった時にお勧めの研究法です。
ご希望に近い画像としては「ヴァイオリン 左指」で検索すると、こんなのが出てきます。
http://www.violinwakaru.com/artcl_20/20_00061.htm
これと比較すると、上の写真の下図は、小指側に力を入れてバランスさせているように見えます。

| ひらりん | 2009/12/10 13:30 | URL |

ノリコさん>

ほうほう!
ノリコさんもノンヴィブラートの時はくっついてますか!
でもやはり掛ける時は隙間が空くんですね~
確かに掛からないのはストッパーになってしまっているのかもしれません。

> プロは基本的にくっついていません(ビブラートかけるし)
> ネックに指つけなくても音程が安定しているから、問題ないですけど
> 私たちは…つけないと安定しませんしね(汗

プロは実にいいですね(笑)
指つけなくても安定しているというのとか、無いものねだりですが
実に羨ましいです(爆
離しても安定できる技量というものが欲しいもんですが、こればかりは
やはり練習年数とか時間とかにもよるんでしょうねぇ・・・・(汗

> あ…ちなみに、ビブラートで隙間を空けても、押さえている指以外の指は弦の上にいなくてはいけません(写真の都合で、離しているのだと思いますが一応)

あ、一応写真撮影のため全部の指を外に向けてますが・・・・
小指は毎回弦の上にはありません・・・・
どうしても小指だけ逃げちゃうんですよね(涙
小指がピーンとしちゃうのは癖なんだろうと思います。
これを修正するのがなかなか難しいもんで、どうやって直そうかそれすらよく分かりません。
直そうとする以上に曲の練習とかヴィブラートの練習とかやる事ありすぎて
いつも後回しにしているので、直らない(直す努力をしていない)んだろうと思います。
いつかやらないととは、思っているんですが…なかなか…(汗
ダメだとは分かっているんですが、先生に言われたら直そうかと思ってます。

| ありょう | 2009/12/10 23:00 | URL |

S.L.P.Chihuazartさん>

こんばんは!

> ビブラートをかけないとき、次の音符を押さえる準備のため、他の指も指板の上にいます
> ビブラートをかけるときは1本の指だけ指板の上にいます
> そのとき指は寝かせてはいけません
> 第一関節が立った状態から指板に対して右に5度?くらいの角度で指が寝たり起きたりして(手首の運動で)ビブラートがかかります
> 私は手首が動かないので肘のビブラートですが、指は同じです
> 人差し指の付け根、その他はネックに触っていてはいけません(ブレーキがかかってしまします)

意識的にはそうしたいんですが、出来ているのか分からないです(汗
というよりも、多分ネックにくっついているのかもしれません。
曲の練習だとダメですねーーー
ヴィブラートは単品練習をしていったほうがいいのかもですね。
でも曲になるとヴィブラート掛からないとか、練習にならないような掛からないような気がしてどうしようかなと言う感じです。

> 先生の動きはコッソリではなく、ガン見しませうね!

今度のレッスンではじっくり見させてもらおうかと思います(笑)
ありがとうございます!

| ありょう | 2009/12/10 23:05 | URL |

どぶらんさん>

こんばんは!


> ありょうさんがこれ以上うまくなったら追いつけなくなってしまうけど、教えちゃいます(>w<)
> http://www.violinwakaru.com/artcl/20/21_00101.html

いやいや、全然上手くないですからもっと上手くなりたいですよ!(笑)
上記サイトありがとうございます。
そちらのサイトは以前から知っていてたまに拝見するんですが、実際読むだけじゃ分からない事が結構ありまして(汗
言葉や文章だけでは完全に理解できないようで、どうしたものかと・・・
でも、大いに参考にさせて頂きます!

本当ありがとうございます♪

| ありょう | 2009/12/10 23:45 | URL |

ひらりんさん>

こんばんは!

> 指の押さえ方で迷ったら、肩当てを外し、楽器を顎で押さえることもせず、ネックを親指に乗せるだけで支える形で構えてみてはいかがでしょう(人差し指では挟まない)。さて、この状態でどうやって指を押さえましょうか。無駄な力が入ると楽器を支えられなくなることが分かると思います。夜中に音を出せないけれども楽器に触りたくなった時にお勧めの研究法です。

むむむ!?
かなり高度な技みたいな気がしますが、今度挑戦してみたいと思います。
多分支えられないと思います。
今結構力が入っていて、左手の力を抜く事もやって行きたいと思っている所なので
本当やってみたいと思います。

> ご希望に近い画像としては「ヴァイオリン 左指」で検索すると、こんなのが出てきます。
> http://www.violinwakaru.com/artcl_20/20_00061.htm
> これと比較すると、上の写真の下図は、小指側に力を入れてバランスさせているように見えます。

こちらもちょっと拝見させてもらいますね♪
難しいものですねよね・・・・
そういう風にしたくてもなかなかこれが出来ないんですから(汗
でも頑張ってやってみたいと思います♪
ありがとうございます~(^^

| ありょう | 2009/12/10 23:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。