PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

練習方法模索中


昨日の話です。
昨日は休みだったので、練習してきました♪

自分が何故、16分音符のスラー音階が弾けないのかとか、早いと焦りが先行するんだけど、それを克服するには?とか練習しながら考えた。

まずはもっと音階練習をするべきだと思う。

同じテンポで、弾ける時と弾けない時がある。
気の持ちようなのかな?


今日は音出しての練習が出来ないので、ボーイングだけでも出来たらいいなーと!

なんか楽しく練習する方法も模索中です。
基本的に練習している時は楽しくやっているんだけど、弾けない!出来ない!が続くと多少なりとも凹むので、ながら練習とかしようと。

DVD観ながら、TV観ながら、本読みながら、ゲームしながら…

どうなんでしょうね(笑)
気分的には根をつめなくていい気がしますが、練習になるかどうかは分かりません(汗



  にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ  ←ポチっと応援して下さると嬉しいです♪

スポンサーサイト

| 練習 | 12:33 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

練習方法

すみません、ちょっと長文になってしまいました。
(^_^;)
そして、私の個人的な見解ですのでご了承下さいませ。

☆16分音符スラーの音階練習☆

上手く弾けることもあるのですから、なぜ上手く出来たのか?を考えてみると良いと思います。

「なんか、分かんないけど上手く出来ちゃった!」って感じかも知れませんが、例えば↓

○上手く出来た理由
・弓の配分、スピードが適切だった。
・移弦がスムーズに出来た。
・4の指も含め、指が上手くまわった。
・気持ちが焦らなかった。
・リズム、テンポにうまく乗れた。
…など

あんまり「出来なかった」、「上手く弾けない」ってばっかりだとヘコむので、時には「上手く出来た!」事に目を向けても良いと思います。

上手く出来た理由が見えれば、その逆の出来ない理由(原因)も見えてきますので、練習ポイントが絞れると思います。


☆楽しく練習する方法☆

う~ん、難しいですね~。
あ、でも“ながら練習”はお薦めしません。

この前、「テレビ見ながら弾く」と言った私が言うのは、どうよ?って感じですが、(^_^;)
楽しくなくなって、飽きたら楽器を置いて、ちょっと休憩したほうが良いと思います。

“ながら練習”よりも
例え5分でも、集中して、考えて弾いたほうが効率は良いと思います。

| 通りすがりの者 | 2009/10/10 19:00 | URL |

Re: 練習方法

通りすがりの者さん>

アドバイスありがとうございます!

上手くできた時の事を思い出してやるのがいいのですね♪
ふむふむ。ちょっと明日以降に試してみたいと思います!

そして、「ながら」練習より集中して練習ですか!
こちらも明日以降の練習で気をつけてやってみたいと思います。

いろいろと視点も変えるのがいいのかもしれませんね。
試してみたいと思います!

ありがとうございますー!

| ありょう | 2009/10/11 03:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT