PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

別レッスン 2回目

今日も基礎メインのレッスンに行きました。
いつもの先生とは違う先生の所です。

いやーーー…
良くなっている点、自分では気が付かないダメな所改善点とか
再確認できるっていいですよね。


とりあえず、肘がダメらしいので肘に注意してやっていきたいと思います。
両肘ですよ、両方!(汗
自分では気が付かなかったんですが、ボーイングで前に前に!!ってやりすぎだったみたいです。
逆に曲がってるというかなんというか・・・
弦を押さえる時に肘も動かすってなんか聞いた事あったような気がしますが、
多分すっ飛んで忘れてました(汗

A線とかの位置の左手のままでG線とかも全部を押さえようとしていたので、音程が安定しないらしいです。
なので、弾く弦によって肘の位置を変えていかないとダメって事で、先生の通りに意識してみたら
音程がちょっと良くなったと言われて小躍りです(爆

煽てると木に登るんですよ、私(笑)
褒められるのは、いくつになっても嬉しいじゃないですか~♪

単純でスミマセン(汗

脱力も前回よりは出来ているらしいです。
でもまだまだっぽいので、適度に頑張ってみたいと思います!!

教えて頂いたことを忘れないように、練習に取り入れて行きたいと思います。
でもって、今日自分で練習して思ったこと。

自分の音をよく聞こう。

発音がハッキリしてないなーと感じました。
もっと音をちゃんと出したいなと。
この辺にも気をつけてやりたいと思います!


練習は主に音階とコンチェルトのスラー
あとは復習で2巻を最初から。


新しいバイオリン教本2 鳥がたよりを

いつかはきっとキレイに弾きたい!

  にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ  ←ポチっと応援して下さると嬉しいです♪


スポンサーサイト

| レッスン | 00:27 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私もこの間 先生にD線、G線を弾く時は 肘を体の内側に押し出して、手のひらは自分に向けて、弦を押さえないと音程がずれる と注意されました。

鏡で自分の姿見ながら、先生の手や動きを思い出しつつ比べて「こうかな?」と悪戦苦闘していますA^^;

最近気付いたのですが きれいなフォームで弾くといい音が出る!

がんばりましょうね~e-454

| あんず | 2009/09/10 21:11 | URL |

Re: 肘

あんずさん>

そうなんですよね。
私も以前先生に言われていたのをスッカリ忘れてまして・・・・(汗
大事な事なのに、レッスンの時って緊張しすぎで内容を半分位忘れてしまう事があったりして
これから肘にも注意して直して行きたいと思います。

キレイなフォームですかー!
私、多分程遠い感じです(汗
お互い練習頑張りましょうね♪

| ありょう | 2009/09/10 23:24 | URL |

No title

こんにちは!

私も、左ひじ、まったく中に入らないんですが、
(私の場合は、体が硬くてなんですが・・・(汗)
肘ではなく、「けんこう骨」を意識してみてください。
G線を弾く時は、けんこう骨をがくっと下げるのです。

人によっては逆に、イメージしづらい人もいると思うので、
みなさんに共通かはわかりませんが・・・
ぜひ、試してみてくださいね!

| ありるま | 2009/09/11 12:39 | URL | ≫ EDIT

ありるまさん>

ふむふむ。
肩甲骨ですか!!
そこは意識したことが無かったですが、確かにそこに意識を持っていくと
肩の力が不思議と抜けますね…
でもって肘も若干中に入るような感じですねー

人体の神秘ってやつでしょうか?(笑)

早速、試してみたいと思います!
ありがとうございます!!

| ありょう | 2009/09/11 23:22 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。